研究内容

ミトコンドリア機能障害

私たちは、磁気共鳴スペクトロスコピーによる所見、ミトコンドリア病と気分障害の併発、患者死後脳におけるミトコンドリア遺伝子欠失の蓄積など、多くの所見から、双極性障害にミトコンドリア機能障害が関連している可能性を考え、探究しています。そして、双極性障害では、ミトコンドリア機能障害によって、気分を安定させる神経系の機能が障害されるのではないかという仮説のもと、双極性障害の原因脳部位を探究しています。

 

 

 

ゲノム解析

双極性障害の発症には遺伝要因が関わると考えられてきましたが、未だ有力な原因遺伝子は見いだされておらず、これが新規治療法・診断の開発の妨げとなっています。私たちは、自閉症や統合失調症でde novo点変異(両親が持っていない、子に新たに生じた突然変異)の関与が見いだされたことから、こうした変異も双極性障害の発症にかかわっている可能性を考え、双極性障害のエクソーム解析(全ゲノムのうち、蛋白質のアミノ酸配列を決めている部分の解析)研究を進めています。本研究では、双極性障害の患者さん(およびご兄弟)とご両親について、唾液由来DNAを用いて全エクソーム解析を行い、de novo点変異を検索すると共に、両親から遺伝した変異の意義についても調べています。見いだされた変異については、細胞モデル、動物モデルなどを用いて解析を進め、診断法・治療法の開発につなげたいと考えています。

 

エピジェネティクス

DNAのメチル化などの修飾は、環境の影響を受け、長期に遺伝子の働きを変化させることから、精神疾患に関与している可能性が考えられています。私たちは、DNAメチル化などのDNAの修飾が、精神疾患において果たす役割を研究しています。